CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< October 2014 >>
SELECTED ENTRIES
2013
ベスト
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
Twitter
LINKS
PROFILE
OTHERS

Dirty Dirt

<< Constellation TatsuのSummer Asventure Part 1 | main | 七針でのRyan FrancesconiとMirabai Peartのこと >>
Exo TapesからのTangles “Ricky Egan”、そしてf(x) がついに
きょうも。
届きものです。
ポルトガルのExo Tapesから。




Tangles “Ricky Egan”
リヴァーシブルなJカードがステキ。
25本なはずが、これでここからのん5本目です。30人くらいしかここのん知らないんではとおもうくらいに。

A面がRicky、B面がEganっていう曲で、それが本名みたいなグラスゴーな方みたいな。

A面。
はじめでぶったおれます、男前な音で。
ギターがゆらめくかんじですすむのかとおもいきや、きゅんと高い音がかきならされて。
この方の背後に夕陽が静止してしまったかのような黄昏哀愁感なギターが、ゆったりとつづきながら、そしてちょこっと暗くなった空には高い音による星のきらめき。
中盤から、ちょっと遠くからなかんじの高い声なヴォーカルがはいってきて。かなり高音で気持ちよくうたいあげてるんだけれど、弱くささやかで、イヤではないしむしろギターとの絡みもよく。
カセットテープだからか、ちょこっとチープな音の響きにきこえるんだけれど、それがギターの高音のきらめきをよりわかりやすくきらめかせていて。
そのまま終わるのかとおもいきや終盤、そこまでのんがウソだったかのような気色の悪いエフェクトがかかってきて。ところどころで音がとろけ出し、 ヴォーカルもスクリューしてしまってるし、うしろの夕陽は映像でした、スクリーンが風に吹かれて、へにゃへにゃになってしまいました、と言い訳しながら、 なんとか夕陽をふたたび空に戻したかとおもうも、低い音がもはやドローン化、そして声はやはり微妙にとろけてるし。
下のなまえっぽい音です。

こちら面はBandcampできけます。




B面。
A面のギターの心地よさからはじまるんだけれど、いっしゅん。2ストロークのみでゆるい流れのベルトコンベアーにさらわれてしまいます。
むーんとゆったりとすすむベルトのうえ、きゅいんきゅいんと歯科医のドリルのような音やらおもちゃのような音がゆるゆる近づいては遠ざかり。
遠くからリズムの音もはいった曲の流れるラジオのような音もきこえてきたり。
で、そのベルトで運ばれながらなにしてるかといえば、ときおりギターをひいています。夕陽なかんじそのままに。でも、ここは陽の光の届かない工場 内。夕陽な音もゆがんでくるし、ゆるく浮遊して過ぎ去ってゆくものたちの音とまじってゆき。そしてうたいはじめるけれど、こんどははじめっからキモい声だ し。
ベルトコンベアーのいきついた先で、トツゼンにゆるくギターソロを練習してみたり、ぎょろぎょろな音もとおくからきこえるし。そこにヴォーカルを多重でっていう。

名字っぽい音です。

きょねんBeer On The RugからのYYUがすばらしかったけれど、同系なかんじ。ヴェイパーに地下なゆるテクノな要素をフォークに持ち込んでいて。あの方よりももっとゆるゆるだけれど、こういうひとたちすごく好きです。

ちょうど、Meditationsさんにはいったみたいです。ぜひぜひ。
 


Brad Roseが7月のカセットテープのん。
White Poppyをあげてる。White Poppy、つぎはNNFからヴァイナル!
いや、最近、もうヴァイナル化! っていうのに心がさわがないくらいにカセットテープが好きです。どっちも好き。最近、CD-Rも再び好きになってきた。CD-Rは紙ジャケットとかではないのんがなおよし。

http://www.factmag.com/2013/07/17/caught-on-tape-the-months-essential-cassette-releases-july-2013/


そして。
きょうはなによりも。
f(x) がとうとうカムバというお知らせが! が!
待ちました。もう、最近はまだカムバしないんか、まだしないんかと鬱気味になるくらいに待ち遠しかったのです。
予告なのですでに別次元いってる。
アルバムのタイトルが “Pink Tape” っていうカセットテープ好きとしてはきゅんときます。いま手の届くところにあるピンク色なテープといえばApe Explorerが、っていうもうなんだろう、このセカイの端っこカセットテープなこととK-POPが頭のなかで混ぜこぜな混乱。たのしい。
最近、韓国のインディーな子ぉたちたくさんきて、そのあたりが盛り上がってたけれど、勢いまかせてK-POPなんかよりインディー、ってかいてしまったりなひともいるけれど、どちらもよいんです、よ。
29日発売。ミューコリさんに予約しないと。送料のこわさはアメリカからのカセットテープ並みだけれど。





そうそう、EXO(Tapesではない)のWolfなドラマのんもでていて。KなEXOとカセットテープなExoと、両方できゃあきゃあいってるひとってセカイで何人なんだろう。





パク・ダハムくんが。
ニッポンにいたときの2週くらいなあいだに撮った写真をなんと700枚超あげていて、ほんとたのしかったんだろうなというのがあふれていて、泣きそう。わたしの姿もあってうれしかったり。
暗黒なため、そして音楽のことばかりかんがえきいてるため、友人の少ないわたしであっても、韓国な子たちとたのしい時間がすごせているのに、いま はおさまってるけれど、新大久保に鶴橋で、ひどいことばをわあきゃあいってるひとたちって、どれだけすさんでるんだろうとあわれんでしまうし、だからと いって許容範囲外、絶対に受け入れられない。今後再開しても、休みの日とかぶったら、かけつけます。それまでは署名署名とできるだけ。
| - | 02:49 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
わーきゃー!遂にカムバですね☆意外な世界観だけどあいかわらずお洒落でかわいい・・・!
| ueddyakkn | 2013/07/18 9:52 AM |
ueddyakknさん。
ほんとようやっとですね! 映像も意外なかんじでやっぱりf(x)たのしいです。活動曲はどんなのかしらとかCDはどんなデザインなんだろうかとか、もういろいろとたのしみできょうもわあきゃあなっています!
| dirtydirt | 2013/07/19 12:54 AM |









http://dirtydirt.jugem.jp/trackback/1042